«

»

6月 01

“cascade loop” という名前の由来

“Cascade Loop”はアメリカ・ワシントン州にあります。
そこにはグランドキャニオンのような圧倒される迫力はありませんが、街も、海も、山も、川も、湖も、その全てがありました。


1997年、偶然訪れた”Cascade Loop”はどこか人懐っこい雰囲気で迎えてくれました。
美しい景色、素敵な出会いに触れるたび、僕たちの身体には少しばかり大きなシートを持つクライスラーの中で、何度となく彼の事と話していました。
今、ここに彼がいたなら・・・
彼は犬。
ほんの短い旅のためにリスクが伴う海外旅行に連れて行くよりは日本に残した方がいいと判断したのですが、楽しいはずの旅も彼がいない空白で100%は楽しめない僕たちがいました。

そして僕らは日本に帰ってから、彼と一緒に僕たちのカスケードループを探しはじめました。4年後には家族も一頭増え、旅はますます楽しいものになっています。

“Cascade Loop”の旅から7年の時が過ぎた2004年、
彼らとの旅に欠かせない道具が僕たちの周りにあることに気付きました。
何回も使わないでお蔵入りになっている道具が部屋の隅にあることも。
それはお気に入りの靴をなんだかんだと言いながらいつも履いてしまうことと似ています。
お気に入りの道具はなんだか汚かったりするのだけど、いつも使われて生き生きとして見えます。
“そんなお気に入りを紹介したいな”
僕たちはそんな想いで小さなお店をはじめることにしたのです。

お店の名前は”cascade loop”。
これは僕たちのライフワークとも言えるものです。

彼らと一緒に過ごす事が僕たちにとってどんなに大切な事なのかを改めて気付かせてくれた、楽しくて、ちょっとほろ苦い思い出の地からいただきました。