«

»

6月 10

知らない町をチャリしてみたい 成田~成田線新木駅編

朝起きたらいい天気。

それではとパセポプの朝んポに行って、朝食。

こころ旅に輪行心を擽られ続けている事もありますし、ちょっと行って来ますか!

出発は北総線の東松戸駅。予定は未定での出発が災いしたか30分以上の待ち時間(笑)

10:49発のアクセス特急に乗り込みます。
特急ということだけあってビュンビュン飛ばす飛ばす、空港まで行くか、途中で降りるか考えつつ・・・って考える暇も無く、車窓からチラッと見えた印旛沼、”成田湯川“なんて、ちょっと風情を感じる駅名に誘われるように下車。

果たして成田湯川駅はとても静かな場所でした。人もまばらでバスものんびり(^^)

バスの運転手さんに新勝寺への道を尋ねると、「北高(成田北高等学校)の脇をずーっと行くと表参道に出るから」と教ええてくれました。
ということで松崎街道(県道18号線)を進みます。ちょっと登りだけれどまだ出発したばかりですから元気元気。
途中で大正15年竣工の橋など見つつあっという間に新勝寺。年に一度の弁財天祭礼ということでしたが、よく分からず(汗)
いや、それよりうなぎを食べられるお店がそこかしこに・・・う・・・うなぎ・・・(大好物)

しかし、今日はここですここ!

新勝寺を過ぎて左折、おぉ、ここだよココ。

“お食事処 かつまた”さん(^^)

以前妻と立ち寄った事があって、食事も出来る(しかも格安)事をチェックしていて、気になっていたのでした。

御飯、味噌汁、漬物、日替わり小鉢(ここまで300円)+好みの揚げ物(別料金)というちょっと変わったメニューを(他にもあります)。
物腰柔らかな奥様と、ニコニコ笑顔の旦那さん。

早く出発したかったので、出来上がっている揚げ物からイカフライをお願いしました(写真右下)。これで400円也。安いねー。

店内には近くの高校生やお仕事途中の人という感じで所謂観光客は見当たりません。いかにも地元に愛されてる食堂という雰囲気。席数は15名位かなぁ、小さな可愛いお店です。

さて、お腹も膨れエネルギーは満タンです。

R51からR408(と言ってもその脇の道だけど(笑))、田んぼの中にすっごく沢山のザリガニなどは自転車を止めてじーーーーっと見て。という具合でのんびりブラブラ走ります。成田は車では何回も来ていますが、自転車だと見えるものも違いますね。

右下の写真、水の中の黒い影、みーんなザリガニなんですよ~~
取水口みたいな所に小さいのがゾロゾローっと居ました。
網ですくえばそれはもう一網打尽にどっさり捕れますきっと^^;

何となく印旛沼を見つつ、成田線の何処かの駅から乗るかー
というアバウトなルート選択ですから、気になった横道、脇道にはスイスイ入って行きます。XLも小さなバイクで結構な横道脇道に入って行けますが、自転車には敵いませんね。

さてさて再び県道18号線です。

セントラル乗馬倶楽部の馬さんを横目で見つつ、市立八生小学校方面へ入り、下総松崎駅をかすめて印旛沼!

気になる看板発見。

“甚兵衛渡し”

ほほー。何処に行くか知らんが渡してもらいたい!

印旛沼を右に左にうねうねしつつ、そうらしい場所に到着!

到着・・・

・・・終わっとるがな_ノ乙(、ン、)_

もうなんだか渡船の雰囲気を微塵も感じません。名前だけ残して営業はとうの昔に止めてるみたい。

軽くダメージを受けつつ、長門川を安食方面へ。

安食駅から乗っちゃおうかなと思ったのですが、まだ日も高いので、田園地帯を成田線を意識しつつのんびり走ります。

(そうそう、印旛沼周辺には自転車道があるのですが、地震の影響か工事中でした。こんなところにも影響があったのですね。バイクで来た時に結構ガタガタになってるなと思っていたのですが・・・)

小林駅を過ぎた辺りから利根川土手に出ました。

土手の上は工事中でしたがすいませーんと通してもらい、程なく栄橋。

新木駅前に到着する頃には天気予報のとおりなんだか怪しい雲行き。このまま走って帰るか、電車に乗るか・・・

時刻をチェックすると出発まで10分少々、雨に降られる前にそりゃ急げで輪行スタイル、ホームによいしょよいしょと駆け込んでセーフ!

ガタゴト成田線で我孫子駅。常磐線快速に乗り換えて松戸駅着。ちらほら雨の落ちる中帰宅しました。

日焼けで腕が痒い!